AzureRMやっぱり最新バージョンを使いたいよねということがあるかと思います。

2017-09-26 13_12_35-moriyama kyohei - https___blog docker com_2017_09_docker-official-i

こういうこともあるようで、

Cloud ShellのAzureRMを上書きして使う方法。

現在のバージョンの確認

PS Azure:\> Get-Module

2017-09-26 14_09_57-redhat-sandbox - microsoft azure

PS Azure:\> Get-Command *SecurityGr*

2017-09-26 14_10_21-redhat-sandbox - microsoft azure

PS Azure:\> Install-Module -Name AzureRM -RequiredVersion 4.4.0 -AllowClobber

Untrusted repository
You are installing the modules from an untrusted repository. If you trust this repository, change its InstallationPolicy value by running the Set-PSRepository cmdlet. Are you sure you want to
install the modules from 'PSGallery'?
[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "N"): A

負荷がかかるのか、プログレスバーが進み終わっても、すこし固まります。

2017-09-26 14_11_30-redhat-sandbox - microsoft azure

カーソルの反応がなければ違うタブでcloud Shellを立ち上げて 次に進みましょう。

ModuleのreloadのためにCloud Shellをrestartします。

2017-09-26 14_41_39-azurerm network - microsoft azure

2017-09-26 14_41_43-azurerm network - microsoft azure

ここで、installしたmoduleはblob上へ展開されます。
中身を確認したい場合は、blobのFileサービスへアクセスすると、中身を確認できます。

get-moduleして下記のようなものが見えれば完了

PS Azure:\> get-module

2017-09-26 14_32_00-file - microsoft azure

PS Azure:\> Get-Command *SecurityGr*

2017-09-26 14_43_23-azurerm network - microsoft azure

以上